ニュース&トピックス

コミュニケーション検定合格者日本一で表彰

2017/06/21教育・研究

 駿河台大学は、株式会社サーティファイが主催するコミュニケーション検定(初級)資格試験に、優秀な成績による合格者を多数輩出(549名)したとして、「平成二十八年度 大学・短期大学の部 最優秀団体賞」の表彰を受けました。

 本学では学生へのキャリア支援の一環として、コミュニケーション検定や宅建士、ITパスポート試験・リテールマーケティング(販売士)検定・経営学検定など各種資格の取得をサポートしています。

 資格の取得に挑戦し、合格すれば本人の自信につながるだけでなく、キャリア発達にかかわる基礎的・汎用的能力の中でも特に「自己管理能力」や「キャリアプランニング能力」の向上に資するものとなるからです。

 2016年度の実績としては、コミュニケーション検定(初級)の合格者数が549名にものぼったほか、本学のキャリアセンターが主催する資格取得講座である「キャリアカレッジ」で、宅建士の合格率が60%(平均合格率15.4%)、リテールマーケティング検定2級の合格率が92.9%(平均合格率51.7%)となるなど大きな成果を収めることができました。

 対人能力は、単に就職活動や社会で働く上で必要な能力というだけでなく、今後より一層激しさを増すであろう個人のキャリアを取り巻く環境の変化に対応し、イキイキとした自分のキャリアを切り拓いていくために必要な能力です。「ひとりひとりの個性と夢を尊重し、ともに歩む大学」として、今後も精一杯、学生へのキャリア支援を続けていきたいと考えています。

表彰ページ(サーティファイWebサイト)
http://www.sikaku.gr.jp/commendation/college/

20170609_career.JPG

TOP