ニュース&トピックス

夢はF1ドライバー⑬~経済経営学部 坪井翔~

2017/04/13学生生活

 経済経営学部4年の坪井翔さんは、TEAM TOM'Sに所属し、世界で活躍するカーレーサーを目指しています。

 一昨年新設されたFIA F4選手権ではシリーズチャンピオン(初代)を獲得し、昨年から全日本 F3選手権に参戦しています。また、今年からは日本を代表するレース"SUPER GT"300クラスにもLEXUS RCFから参戦しているので、こちらもご注目下さい。

 2017年4月8日(土)~9日(日)に岡山国際サーキットにて行われたSUPER GT Round 1のレポートが届きましたので、ご紹介します。

2017GT300rd1_1.jpg
2017GT300rd1_2.jpg
 2017年SUPER GTシリーズが始まりました。開幕戦は岡山国際サーキット。
 念願のGTにようやく参戦出来るようになりました。しかもマシンは今年からの新車でレクサスのRCF。楽しみでした。テストから調子は悪くなく、初めてのマシンにも手応えは感じていました。

 今年から日曜日にあるフリー走行がなくなってしまい残念ですが、プロモーションは派手に目立つようになりました。そんな形で始まったGT300kmレース。

 私はQ1(予選1)を任されました。
 初めてのチームで新車、Q1を任される責任は大きく、チームのムードを上げるにも肝心なQ1となりました。そこを任せてもらえて、期待に応えるため、全力で走りました。
 途中赤旗が出たり、雨が降ったりしましたが、予選中盤までトップタイムをマークしました。ベストタイムを出し、まだ出る余力はありましたが、Q1は通るから戻ってきて良いとの無線が入り、トップタイムのまま早々にアタックを終了しました。雨がすぐにやみ、周りのタイムも上がり、最終的には6番手でQ1を突破しました。正直悔しかったですが、余力はあったし、レースの事を考えての判断なのでまずはQ1突破というノルマをしっかり達成出来て良かったです。

 Q2(予選2)は中山選手がアタックし、2番手タイムと出した所で赤旗。ここで残り時間も少なく、もうタイムが出る状態ではなかったので、他の車両のアタックを見守りました。結果は4番手でQ2を終えました。初めてのGT、新車、新しいチームでの4番手は非常に良い結果でした。
 さらに、日曜日の20分間のウォームアップ走行ではGT300クラスのトップタイムをマーク出来ました。

 決勝は300kmレース。スタート直後にGT500クラスのHONDAの車両が続々トラブルで止まり、赤旗が出る程の波乱で始まった開幕戦。スタートドライバーは中山選手。思ったより気温などが上がった事もあり、苦しいレース展開。何とか1台抜かれるまでで済み、30周程走った所でドライバーチェンジ。残り40周以上を走行しましたが、2番手でチェンジしてもらっていて、コース上では1台も抜かれていないのに気付くと8番手。これがGTの難しさだと痛感しました。
 コース上ではGT500に抜かれながら、残り20周はGTRやポルシェとバトルを続け、ポルシェに抜かれるも、意地で抜き返しポジションキープの8番手でデビューレースを終えました。

2017GT300rd1_3.jpg
 全てが初めてとなったSUPER GT。8位という結果は個人としては当然悔しいですが、チームとしてはポジティブな結果でした。二人でタッグを組んでのレースも初めてで、今までのレース経験ではない緊張感を感じましたが、成功した時の嬉しさは2倍になるのだと思うと、GTの楽しさをこのレースで感じました。
 このチームで、この二人で、応援してくれている皆様で、表彰台の一番高い所に立ち、喜びを分かち合いたくなりました。お客さんがとても多いこのレースはドライバーも痺れるものでした。

 次戦は2017年5月3日~4日に富士スピードウェイで行われるレースです。更なる高みを目指して頑張っていきます。応援をよろしくお願い致します。

TOP