ニュース&トピックス

夢はF1ドライバー⑫~経済経営学部 坪井翔~

2017/04/13学生生活

 経済経営学部4年の坪井翔さんは、TEAM TOM'Sに所属し、世界で活躍するカーレーサーを目指しています。
 一昨年新設されたFIA F4選手権ではシリーズチャンピオン(初代)を獲得し、昨年から全日本 F3選手権に参戦しています。また、今年からは日本を代表するレース"SUPER GT"300クラスにもLEXUS RCFから参戦しているので、こちらもご注目下さい。
 
 2017年4月1日(土)~2日(日)に岡山国際サーキットにて行われたF3全日本F3選手権のレポートが届きましたので、ご紹介します。

2017F3kaimaku1.jpg
2017F3kaimaku2.jpg
 2017年もF3シーズンが始まりました。今年は昨年から比べ3レース増え、20レースに。ゼッケンは昨年のチャンピオンを引継ぎカーナンバー1。トムスのエースドライバーとなりました。多少のルール変更はありますが、2年目の年が始まりました。

 テストは何度かあり、メニューは順調にこなしていて、開幕戦が楽しみでした。レースウイークの練習もセッションが3本あり、その内2本をトップタイムで終える事が出来ました。

予選
 今年から何戦かは方式が変わります。30分1本の予選で、その内に2回タイムを出し、ベストタイムが1戦目の決勝グリッド、セカンドベストタイムが2戦目のグリッドとなります。前日の雨の影響で少し路面は濡れている状態。どんどん乾いていく状況だったので、最後にタイムが出ると思い、そこに合わせ作戦も立て、順調にこなしていきましたが、最後のタイムが出るタイミングで場所取りが悪く、アタックが出来ませんでした。結果どちらも4位という結果に。悔しい展開となってしまいました。

Round1 決勝
 4位からのスタート。岡山は抜けないのでスタートが重要だと思っていました。スタートは決まり、2コーナーまでに一気に2番手まで上がりました。トップにも追いつきましたが、途中からフロントタイヤにグレイ二ング(タイヤがささくれてサメ肌のようになること)が出てしまい、フロントタイヤがボロボロになってしまいました。前についていけるわけもなく、後ろにプレッシャーをかけられる展開になりましたが、上手く抑えきり開幕戦は2番でゴールが出来ました。

Round2 決勝
 4位からのスタート。このレースも1周目が勝負だと思っていました。スタートは少し出遅れたものの、場所取りは良く、ヘアピンまでにトップに並びかける所までいきました。しかし、アウトから抜きに行きイン側にいた車両が膨らみ2台で外側にいきかけた所に3番手が一気にトップへ。自分は3番へ落ちて前2台が争っている様子を見ながらチャンスを伺っている時に後ろからオーバーテイクされ一気に5番手まで落ちてしまいました。抜けない岡山ではここから挽回する事は厳しいですが、ペースは良かったので何とか4番手へ上がり、最終ラップに3番手に仕掛けていきました。ほぼ抜くまでに至ったのですが、並走中に1台分を空けてもらえず、コースアウト。ゴールする事が出来ませんでした。悔しいというより残念でした。F3はもう少しクリーンにレースがしたかったです。ただ、攻めた結果なので、自分のトライには満足いきました。

Round3 決勝
 Round1決勝の順位でRound3のスターティンググリッドが決まるという方式でした。Round1を2位で終えたので2番手からのスタートでした。スタートで前に出れば勝てるという自信があったので、スタートを狙っていきました。気負いすぎてしまい、エンジンストール(停止)してしまいました。すぐに再スタートしたものの、最後尾まで落ちてしまい、追い上げるしかなくなりました。1周目で2台抜き、その後も抜いていき5番手まで追い上げ、4番手にもトップと変わらずのタイムで追いついていきましたが追いつくとやはりダウンフォースが減ってしまいペースも上げられず、抜く事も出来ませんでした。仕掛けていくも抜くまでには至らず。結果5番手で終えました。
2017F3kaimaku3.jpg
 2017年も開幕しましたが、幸先良いスタートは切れませんでした。いきなり苦しい展開になってしまいましたが、まだレースは始まったばかりなのでまずは初優勝目指して、次戦の鈴鹿ラウンドへ向けて準備していきたいと思います。今年も坪井翔の応援をよろしくお願い致します。

 次戦は2017年4月22日~23日に鈴鹿サーキットで2戦行われます。

TOP