ニュース&トピックス

【スポーツ教育センター】健スポ演習「スキー・スノーボード」実施報告

2017/02/14その他

スポーツ教育センター 講師 吉松 梓

 2月5日(日)から9日(木)の4泊5日、新潟県のキューピットバレイスキー場において、健康・スポーツ演習「スキー・スノーボード」の集中授業を行いました。

 実習期間中、ほぼずっと雪(時々吹雪によるホワイトアウト)という厳しい気象条件の中ではありましたが、実技講習ではスキー・スノーボードの基礎を中心に5日間みっちり滑り込みました。また、降雪のおかげで新雪(パウダースノー)の滑走も楽しめ、一人のけが人も出ることなく無事に全行程を終えることができました。

20170214kensupo_01.jpg 20170214kensupo_02.jpg

 また実技講習だけでなく、安全に関する講義、スキー場の社長による講義なども行いました。そこでは、近年のバックカントリーブーム(ゲレンデ外の圧雪されていない自然の斜面を滑ること)によるリスクの増大や、インバウンド(外国人スキー・スノーボード客)の取り込みなどのテーマが扱われ、ただスキー・スノーボードの実技を行うだけでは得られない多くの学びがありました。

 実習最終日には、参加した学生から「最後は全員で一緒に滑りたい」という声があがるほど、お互いに仲良くなっていました。5日間、スキー・スノーボードを共に楽しみ、共同生活をすることで、学部学年の壁を越えて学生同士の交流がグッと深まったのではないかと思います。5日間お世話になったインストラクターの皆様、スキー場の皆様、本当にありがとうございました。参加した学生には、今後も生涯スポーツとしてのスキー・スノーボードを楽しんで続けて、そして仲間を増やしてほしいと思います。

20170214kensupo_03.jpg

TOP