メディアセンターは、図書館、情報センター、博物館の機能を統合した施設です。
ホーム > 総合案内> 沿革・概要 

沿革・概要

駿河台大学メディアセンターは、図書館、情報科学センター、視聴覚センターの3施設を統合し、1999年10月の竣工とともに発足しました。情報化社会の加速度的な進化に迅速に対応し、多様な情報メディアに対するニーズに応えながら、本学の情報教育を支える中心基地として活動しています。

所蔵資料数 (2016年3月31日現在)
国内外国合計
図書254,128冊86,638冊340,766冊
雑誌2,426種1,401種3,827種
AV・PC資料20,396タイトル


建築規模  地上5階 +地下1階
総床面積  10,691平方メートル
書架総延長  20,151メートル
閲覧席  582席
デイスカッションゾーン
 ◎グループ学習室  2室(定員:各室12名)
 ◎オープンスペース24席(閲覧席数に含む)
 ◎閲覧ブース    3室(定員:各ブース2~3名)
閲覧個室  3室(定員:各1名)
AVブース 1人用  43ブース、 3人用 6ブース
所蔵資料検索PC  11台
オンライン&DVDデータベース検索PC  9台
利用者用デスクトップPC Windows:143台
ノートPC用情報コンセント  166ヶ所