お知らせ

2018.02.21

2017年度HSK中国語検定試験合格体験記その2

 今年度も同窓会のご支援をいただき、語学検定試験の受験料半額補助をいただけたことにより、中国語は51名の学生が受験を申し込みました。秋学期に学内会場を設けて4年目を迎えました。毎年継続して試験を受け、確実にレベルアップを実現させた学生は多数おります。今回は梅澤さんの体験記をご紹介します。

チャレンジして良かったです!

心理学部2年 梅澤 菜々子

 私は今年度もHSK中国語検定試験に挑戦しました。

 昨年度は初学レベルでしたが、2年生になった今年は中級レベルの3級を受けました。勉強を始めた最初の頃、分からない単語ばかりで合格できるかとても不安でした。そこで私は、通常の中国語の授業の他に、直前の勉強のために中国語演習という授業を聴講させて頂きました。この授業では、分からないところを先生に直接聞いたり、リスニングの勉強をしました。自分自身では、試験対策のプリントや過去問題を解くことを主に行いました。無事合格することができて、本当に嬉しかったです。

 同窓会の受験料補助があって、1年生のときからこの検定を受けているので、今後も勉強を続けて、さらに上の級に合格できるように頑張ります。

20180221_HSK中国語検定試験合格体験記1.jpeg

20180221_HSK中国語検定試験合格体験記2.jpeg

2016年度試験会場風景

お知らせ一覧へ戻る