お知らせ

2017.10.20

韓国長期留学のこれまでの想い出~卓球大会出場と延高戦応援~

法学部法律学科3年

橋本 泰孝(福島県立平工業高校出身)


 私は今、韓国の延世大学で半年の交換留学プログラムを利用して留学生活を送っております。

 留学開始当初は、初めての長期留学に対する不安感、また、知り合いがいないという孤独感を感じながら過ごす日々が続いていました。しかし今は多くの知り合いや思い出ができ、留学生活に対する満足感を覚えるようになりました。

 留学生活が楽しくなったきっかけの一つが、サークル活動への参加です。私は、韓国人とより近くで交流するという留学目標があったので、留学当初からその機会を探っていました。そこで私は、中高生時代に卓球部に所属していた経験を生かして延世大学卓球サークル「インパクト」に加入し、活動させていただきました。

 その数ある活動の中で一番印象的な出来事が、サークルで参加した卓球大会において、団体で2位、個人では優勝という結果をいただいた事です。特に、団体戦で勝ち取る一勝一勝を通して、韓国人仲間とその喜びを味わう瞬間がとても印象的であり、同時に、スポーツ・文化の国境を超える力を感じることもできました。

 また、サークル仲間と共にした練習や、打ち上げ、延高戦(日本でいう早慶戦に相当)観戦等を通して、韓国人の情の深さや家族文化を知り、また、韓国社会の課題、大学生ならではの悩みを韓国人仲間から直に聞く事により、韓国に対する理解が深まると同時に日本との違いを知る機会になりました。

 留学生活も残り2か月程残っておりますが、今後も、インパクトでの活動を加えた様々な活動を通して、残りの留学期間より充実したものにしていきたいです。

20171020global_01.jpg卓球大会にサークルの仲間と参加した時の写真(一番右が橋本さん)


20171020global_02.jpg延高戦のサッカーの試合で延世大学を応援している写真(右が橋本さん)

お知らせ一覧へ戻る