お知らせ

法務省専門職員に採用されました(その1)

2017/02/16その他

20170216sinri_01.png 2016年度の法務省専門職員採用試験(人事院実施)の法務教官分野では、心理学部から2名の合格・採用がありました。

 今回は、2015年度の卒業生の宮崎剣史郎さんとその採用先施設を紹介します。宮崎さんは、埼玉県立戸田翔陽高校出身で、本学では心理学のほか教職課程でも勉強し、教職免許を取得しました。

 当初の目標は教員になることでしたが、非行臨床を中心に学ぶ川邉ゼミで法務教官の仕事を知ったことから、非行少年の指導に関心を持ちました。そして2016年の5月末に実施された公務員試験にチャレンジして、見事合格し、本年1月から水府学院という少年院の法務教官として勤務しています。試験準備期間は短かったのですが、教員採用試験のための勉強が結果として公務員試験の勉強にもなったそうです。

 さて、宮崎さんが勤務している水府学院は、俳優の宇梶剛士さんがいたことで知られる施設です。宇梶さんの水府学院での体験談は、「不良品」という自伝的な書物に詳しく書いてあります。宮崎さんもさっそく「不良品」を読み、非行少年に寄り添い、その更生をしっかり支援できる法務教官を目指して、日々の勤務に励んでいるとのことです。また、妙な話に聞こえるかもしれませんが、「少年院いるのは皆、良い少年たちです。」とのことです。慕われている様子がうかがわれます。

 次回は、今春卒業する学生の報告をいたします。

TOP