お知らせ

モノトーンの丸いシールによる石膏デッサン

2017/06/03授業風景

 デザイン基礎という授業で、目新しい素材を使ってデッサンし、新鮮なものの見方や捉え方に臨んでいます。
 11段階のモノトーンの丸いシールで、学生たちは一つ一つ真剣にデッサンを描いています。貼り直しがきかないので、慎重に描き進めます。

20170603mjg_01.jpeg

 もちろん、いつもは鉛筆やペン、タブレットを使って描くことが多いです。
 モチーフの石膏像は、マリエッタ・ストロッチ(正式名マリア・スフォルツァ、イタリア)とカラカラ(正式名 ルキウス・セプティミウス・バッシアヌス ローマ帝国)です。

20170603mjg_02.jpeg
 どんな「場所」でどんな「先生」と学ぶのか、WEBの情報や、大学案内だけでは分からない「リアルな実感」を感じに、ぜひオープンキャンパスにお越し下さい。

TOP