ゼミナール

学生の興味の多様性に応えるために、法律専門科目、総合科目、外国書講読など幅広い科目を設置しています。一演習あたりの学生数を少なくして、少人数教育を徹底させた必修科目の演習です。

井上 久士ゼミ 中国の近現代史と日本

「過去から学ばないものは結局のところ現在も未来もわからない」と言われます。中国と日本の近現代史について史料を読みながら考えましょう。

海老澤 豊ゼミ 短編小説入門

英米仏独などの短編小説を日本語訳で読み、人間の心理や社会との関わりについて考えます。自分の意見を他人に理解してもらえるように、表現力やコミュニケーション力を養います。

王子田 誠ゼミ 会社法実務に関するビジネスプランニング

株主総会のシミュレーション、企業買収のやり方、インサイダー取引の事例などの学習を通じて現在の会社実務を理解することを目的としています。

大沼 洋一ゼミ 行政法を通じ社会を学ぶ

日々のニュースには、必ず国や自治体の行政が登場します。この行政の背後にある法のすべてが行政法です。このゼミでは、行政法の学習・発表、議論し、論文を作成することにより、読解力、情報収集力を高め、論理的思考能力を向上させることを目標としています。

小貫 幸浩ゼミ 憲法の全体像をつかむ

この演習では、基本的人権や民主主義、平和主義に関係する諸問題について検討します。学生の皆さんの発表・討論を通して、憲法の全体像をつかむことを目指します。何かを共に考えることの楽しみを味わってほしいものです。

織田 博子ゼミ 身近な法律問題を考える

このゼミでは、パソコンを買ったら欠陥品であった場合に、買主は売主に対してどのような請求をすることができるのか、取り替えてくれと請求できるのか、損害賠償の請求ができるのか、契約を解除できるのかといった身近な法律問題を題材にした事例問題を皆で検討しています。

上河内 千香子ゼミ 判例から民法を考える

民法は個人間の紛争解決のための法律ですが、条文だけではなく判例の理解が不可欠です。本演習では、民法の重要な判例を勉強することを通じて、民法への理解を深め、それと同時に、法律的な考え方を身につけることを目的としています。

菊田 秀雄ゼミ 会社法総合判例研究

会社法に関する最近の裁判例の中から特に重要なものをピックアップして検討を行います。検討に際しては、個別事案の検討に止まらず、関連する他の判例の検討も含めた総合的な研究を目指します。

草地 未紀ゼミ 民法と消費者法の研究

民法( 財産法)の主要論点を扱い、発展として消費者法に関する論点も扱います。理論面の学習だけでなく、グループ発表などを通じて実際の生活の中で起こりうる問題に対応する力を身につけることを目標とします。

熊田 俊郎ゼミ 都市社会計画

都市政策や都市計画についての基礎と応用を勉強します。

倉島 安司ゼミ 行政法を判決で学ぶ

最高裁判所の行政判例の中から選んだ判決を調べ、個人で発表するゼミと、班を組んで行政機関などにインタビューして、文献やネットで調べたものと合わせて発表するゼミを、一年おきにやっています。

黒田 基樹ゼミ 日本中世史と現代社会

このゼミでは、日本の中世(鎌倉から戦国時代)の社会を学びながら、現代と対比することを通じて、現代社会の特質について考えていきます。論理的・客観的な認識力・思考方法を身に付けることを目的とします。

竹内 健互ゼミ 対話を通じて刑法を学ぶ

実際の刑事事件を素材にして刑法の解釈と適用のあり方を学びます。刑法学の専門知識だけでなく、刑法上の論点に関する学生同士の知的な交流を通じて、感情に理屈を添え、相手を説得するという社会人に必要不可欠なスキルを身につけることも目指します。

千草 孝雄ゼミ アメリカの政治

アメリカの歴史、経済、社会、文化といった様々な角度からアメリカの政治を検討し、アメリカについてできるだけ深く理解するようにします。

朴 昌明ゼミ 労働事情と社会政策

雇用・賃金・労働時間など日本の労働事情とそれに対する社会政策を中心に発表・討論を行うとともに、卒業に向けて受講生の進路設計を行っていきます。

長谷川 裕寿ゼミ 頭で考える刑法

結論の善し悪しをひとまず度外視し、自分の考え方を首尾一貫して押し進めてみる。自分の考え方の長所・短所が浮かび上がってくることでしょう。刑法の話題を素材にしながら、自分を主張し反省する姿勢を培うゼミです。

福田 二郎ゼミ 近代小説研究

国内外の小説を読み、論じ合います。様々な人々の考え方、社会のあり方などを知り、理解し、考え、調べ、自分の意見をまとめ、発表し、また人の意見を考察して討論する訓練を行います。

松平 光徳ゼミ 知的財産と現代社会

発明や音楽、トレードマーク、デザインといった無形の情報が現代社会においてどんな役割を持っているのか、今、最も注目されている「知的財産」について一緒に考えましょう。

吉田 恒雄ゼミ 家族と福祉の法を学ぶ

結婚、離婚、親子、相続といった家族に関する法律(親族法・相続法)とそれに関連する福祉に関する法律(児童福祉法や生活保護法など)を学びます。こうした学習を通じて、分析力、課題解決能力、表現力など就職につながる、社会人として必要な能力を身につけます。

米山 哲夫ゼミ われわれの生活と刑事政策の役割

犯罪や非行の背景にある社会問題(援助交際、いじめなど)や家庭問題(児童虐待、家庭内暴力など)を取り上げ、その本質的な原因がどこにあるのかを、「人間とは?」をキーワードに検討するゼミです。

TOP