法学部の特色

夢をかなえる3つのコース

法学部では学生の希望する進路にあわせて、2年次に3つのコースの中から1つを選択します。

法学部は民間企業や警察官・消防官の就職に強く、また司法試験、国家公務員、地方公務員、裁判所事務官、国税専門官、司法書士、行政書士、宅地建物取引士などの合格者を多数輩出しています。

企業と法コース

民間企業で評価される資格には「宅地建物取引士資格試験」や「ビジネス実務法務検定」など、合格率が高く、在学中に取得できるものがあります。本コースでは「消費者法」「知的財産法」「経営学」などビジネスの最前線で求められる科目を中心に学びます。

警察・消防コース

人を守りたい、人を助けたい、そんな熱い思いを仕事にできるのが警察官や消防官です。市民の安全を守るために「被害者学」や「犯罪心理学」など刑事法関連科目を学び、法と正義を深く理解し、正義感や使命感を持った人材の育成に努めます。

法職・行政職公務員コース

法律の知識を生かして社会の役に立ちたいと希望する人のために、憲法、民法、刑法を始めとする法律系専門科目を中心に学びます。「公務員への道」など進路に直結した試験対策科目も用意しています。

資格取得を目指す実践的な教育

法学部では社会の基本的なルールとなる法を中心に学び、法的なものの見方と考え方(リーガル・マインド)を身につけることを目指します。

また在学中にさまざまな資格を取得して、厳しい就職試験を勝ち抜くために、実際に役立つ科目を正規のカリキュラムとして多数用意しています。

特に難関とされる司法書士や行政書士、公務員などを目指す学生のために、授業とは別に「公務員・資格試験学習室」を設けて、勉強会や模擬面接、論文指導などを行います。

人間力を高める少人数教育

駿河台大学の教育理念「愛情教育による徹底した人格教育」を実践するために、法学部では少人数制の授業を取り入れています。

4年間を通じて必修となる演習科目では、教員と学生が親密なコミュニケーションを取りながら、一人ひとり異なる個性を伸ばし、人間力を高めるように努めます。

また演習を担当する教員は、目標の達成に向けて進路面談をするだけではなく、勉強以外のさまざまな相談にも快く応じて、きめ細かな指導を行っています。

学生の目線に合わせた授業、少人数教育とゼミナール

ここ数年、定期的に学生諸君に授業アンケートを行ってきました。学生諸君からのアンケート回答をよく分析し、教員一同は、授業そのものが一方的な講義にならないよう、学生の目線に合わせた双方向型の授業を心がけています。また、法学部では、1年から4年まで、それぞれの関心に合わせたテーマ別による少人数制のゼミナール(演習)という科目を設けています。この中で、学生同士、互いに議論しながら、コミュニケーション能力、読書力、文章力、課題探求能力などを身につけます。

TOP