スポーツキャリアコース

このコースは、どんなことを学ぶのですか?

スポーツキャリアコースでは、スポーツを幅広い意味で捉え、人文科学・社会科学の広範な学問領域から学ぶことを通して幅広い教養を修得することを目指します。さらに、スポーツを用いた体験型、実践型の教育から、チームビルディングのノウハウやチームマネージメント能力を身につけます。

また、クラブ活動も大いに推奨します。幅広い教養とスポーツ実践による「学び」を活かし、円滑な人間関係を築くことのできる、「社会に出ても通用する」人材、職場でリーダーシップを発揮できる人材を輩出します。

どんな科目があるのですか?

身体運動を科学的にみる「スポーツ・バイオメカニクス」、スポーツ関連の経営管理を考える「スポーツ・マネジメント」、スポーツ行動に関する心理学的現象を扱う「メンタルトレーニング演習」などがあります。

「スキー・スノーボード研修」 

 「キャンプ・野外活動研修」

どんな資格をとることができますか?

健康運動実践指導者、JAFA指導者資格、JATIトレーニング指導者資格、第一衛生管理者などの資格取得を目指すことができます。また(公財)日本体育協会のスポーツ指導者養成講習会免除コースの承認校にも認定されており、公認スポーツ指導者資格の共通科目コースが免除となります。

このコースに進むと、どんな体験ができますか?

「体力トレーニング演習」では、アスリートにとって効果的な体カトレーニングの方法とその根拠を理解し実践します。アスリートが強くなるためには、体カトレーニングが必要であることは誰もが知っていますが、近年スポーツはものすごく進歩しているので、やみくもにトレーニングを行ってもその進歩についていけません。効果的な体カトレーニングの方法を身につけて、実践しましょう。

また、「メンタルトレーニング演習」では、メンタルトレーニングの理論的背景となるスポーツ心理学の知識を学びます。さらに実際のメンタルトレーニングの方法を学び、実践することによって、きっと自分自身のメンタル面の強化にも役立つことでしょう。

卒業生はどういった仕事をされていますか?

新しくスタートするコースなのでまだ卒業生はいませんが、「スポーツキャリアコース」で培ったコミュニケーション能力や、リーダーシップを発揮して、一般企業で働く人が多いでしょう。またスポーツクラブのインストラクタ―や、スポーツの指導者として活躍する人もいるでしょう。

将来の進路

民間企業の企画・営業・販売・事務、公務員、民間スポーツクラブインストラクターなど。

3年次のモデルスケジュール

  Mon Tue Wed Thu Fri
1時限     スポーツ栄養学   発育発達とスポーツ
2時限 日本文化論Ⅱ     キャリア実践Ⅰ  
3時限 アジア社会論   スポーツと法   ジェンダー論
4時限   レクリエーション実践 アニメーション文化論   スポーツ・マネジメント
5時限   ゼミナールⅠ      

TOP