トピックス

8月26日(土)のオープンキャンパス『模擬授業』予告編!

17.08.10

 8月26日(土)に行われるオープンキャパス『模擬授業』の内容をお知らせします。

 オープンキャンパスの開催時間は10時から16時(入退場自由)となり、模擬授業も10:40から11:30と13:20から14:10の2回行います。

 事前申し込みは不要です。皆様のご来場を心よりお待ちしています。

法学部

学校スポーツの法律問題~体育授業、部活動のトラブル対処法~〔民法〕

担当:上河内 千香子 教授

 学校現場には、一歩間違えると事故につながる危険な活動がたくさんあります。たとえば、体育祭の人間ピラミッドで大けがをして半身不随になった事例、部活動の監督の指導が悪くて大けがをした場合、部活のしごきやいじめが原因で自殺した事例、などがあります。

 この模擬授業では、これまで、学校スポーツについてどのような裁判が起こされてきたのか、ということを紹介していきます。また、それとともに、「スポーツ法」と呼ばれる法分野の紹介も行っていきます。将来、体育の先生やコーチや監督となって後輩を指導していきたいと考えている高校生のみなさん、スポーツにまつわる法律問題は絶対知っておいた方がいいですよ!

経済経営学部

ホテルビジネス入門~宿泊からウエディングまで~

担当:小澤 伸光 教授

 ホテルには、リゾートホテル、都市型総合ホテルなど多様なタイプがあります。今回は、皆さんがすぐに目に浮かぶ、フロント、コンシェルジェ、ブライダルなどの都市型総合ホテルの仕事の実際と、必要とされるスキルを、まず説明します。

 実は、ホテルの仕事は、それ以外にも数多くあります。宿泊プランを設計する、お客様の増減を考えて宿泊料金を設定する、どこにどのようなタイプのホテルを開業するかを検討する、などふだん目にすることのない仕事も紹介します。大卒に期待されているのは、このような仕事なのです。

 私の良く知るホテルビジネス40年超のベテランの方は、「ホテルの仕事って面白いよ」と仰っておられます。

国際企業で働くっておもしろい!~国際ビジネス入門~

担当:小澤 伸光 教授

 日本の自動車企業を中心に、中国ビジネス、米国ビジネスでの仕事の実際を、苦労話と仕事のやりがいも含めて説明します。

 大手日本企業は、製品の輸出だけでなく、外国に工場をいくつも置いて製品を作っていますし、海外現地市場向けの製品開発の拠点を置く、さらには地域ごとに本社のある企業もあります。そのような状況で、どのような仕事があるのかを考えます。

 世界を相手にビジネスをするのですから、取引先に加えて一緒に働く外国人も数多くいます。外国人と同じ職場で働くときに大切なのは、異文化を理解し受け入れ、同時に自文化を語れることです。お互いの理解が進めば、仕事の面白さを実感し、働くことの楽しさを味わうことができます。

メディア情報学部

映像コンテンツビジネスの可能性[映像・音響メディア体験]

担当:間島 貞幸 准教授

 ここ数年におけるスマートフォンの普及により、ユーザーが映像コンテンツと接触する機会が増えています。ソーシャル・メディアでも多くの映像コンテンツが流れ、自ら動画を撮影してアップすることも珍しくはありません。「おもしろい」、「目新しい」ものは人々の間でシェアされ、瞬く間に広がる現状があります。

 企業やブランドも認知度アップやファンを増やす目的などで簡単に映像コンテンツを制作し、世に送り出すことが多くなっています。

 今回は、魅力的な映像コンテンツを紹介しながら、映像コンテンツビジネスの可能性と大学での学びについてお話しします。また、メディア情報学部の学生から充実した大学生活についての話も聞けます。事前準備はいらないので、どうぞお気軽に参加してください。

Webデザインを学ぶとはどういうことか?[デジタルデザイン体験]

担当:井上 智史 助教

 ポスター、書籍、映像、家具、自動車、洋服など、デザインされたものは、情報を運びメッセージを発しています。ビジネスでの利用に適したカフェと、遊びでの利用に適したカフェでは、インテリアやコーヒーカップが発しているメッセージは異なるでしょう。

 情報やメッセージに相応しい形を与えること、それがデザインの役割です。Webデザインは、そのポイントを学ぶのに適している題材です。特に、SNSなどの利用が当たり前になり、デザインの対象が有形のものから無形のものに拡張される中、その基盤を理解しておくことは大切です。

 この授業では、課題や学生さんの制作物の紹介を通じ、Webデザインを学ぶことのイメージを知って欲しいと思っています。

現代文化学部

湯屋を訪れる神さま~アニメーションから考える日本文化~

担当:岡田 安芸子 教授

 私たちは、毎年お正月になると神社に初詣に行き、これから始まる一年がよい年になりますように、とお祈りをします。では、私たちは、いったいどのような存在に対して祈っているのでしょうか。

 神社には、さまざまな神さまが祭られています。日本人にとって神さまは、とても身近な存在ですが、一方で、よく分からない不思議な存在でもあります。神さまとは、どのような存在なのでしょうか。

 この授業では、『千と千尋の神隠し』を手がかりとして、神さまという存在に迫っていきたいと思います。湯婆婆は何ものなのか、千尋は湯屋で何をしているのか、といった謎を解くことによって、日本文化の特徴が浮かび上がってきます。ぜひ、一緒に考えていきましょう。

スポーツ科学の発展~うさぎ跳びの功罪からスポーツ遺伝子まで~

担当:大森 一伸 教授

 昔、スポーツ選手は脚力を鍛えるというと、「うさぎ跳び」をよくやっていました。今はそれを行う選手はいません。なぜでしょうか。

 昔、スポーツ選手が体を冷やすことはよくないことでしたが、現在は、アイシングは必須となっています。ところがこれがまた、変わりそうです!

 スポーツ科学はどんどん発展しています。今回の授業では、最近話題になっている「スポーツ遺伝子」「ストレッチング」「アイシング」に関するスポーツ科学の研究成果をお話しします。

心理学部

子どもでも、大人でもない私~青年心理学入門~

担当:永作 稔 准教授

「もう高校生なんだから!」
「まだ高校生のくせに!」

ときに大人扱いされ、ときに子ども扱いされる。

それが青年期。

自分との関係、他者との関係、社会との関係のなかから、自分を収める場所を見つけていく時期だと言われています。

大人でもない、子どもでもない。しかし、かけがえのないこの時期。

実は、これから進路を選択し、社会にはばたく準備をしようとしているみなさんにとって青年期はとても重要な意味を持っています。

模擬授業では、心理学の立場からその特徴について解説します。

5_永作(昨年と同じ).bmp


  • 駿河台大学 facebook
  • 駿河台大学 twitter
  • 駿河台大学 YouTube
  • 高校教員の方へ
  • デジタルパンフレット

PAGETOP