入試情報

入試Q&A

駿河台大学の入学試験に関して寄せられる、よくある質問とその答えをまとめました。

推薦入試について

Q 推薦入試の種類を教えてください。
A 指定校制推薦、公募制推薦、スポーツ推薦の3種類があります。いずれも専願(合格した場合入学することが条件)となります。

指定校制・公募制推薦について

Q 指定校制推薦での受験を希望しています。詳しいことはどこに相談すればよいのですか?
A 高校の担任の先生や進路指導室の先生にご相談ください。本学のオープンキャンパスでも個別に相談することができます。あなたの高校がどの学部で指定校になっているか、個別にアドバイスします。
Q 面接はどのように行われるのですか?
A 受験生1名に対して面接者2名で約10~15分間行います。主に志望動機、入学後の抱負、本学の熟知度、将来の希望、社会事象などについて質問します。
オープンキャンパスの「入試対策講座」でも詳しくご説明します。

スポーツ推薦について

Q スポーツ推薦は誰でも受験できますか?
A 出願資格を満たせば誰でも受験できます。出願資格は次のとおりです。
●2018年3月高等学校または中等教育学校卒業見込者
●全体の評定平均値 3.0以上の者
●種目毎に別に設定。
※詳細は募集要項で確認してください。

AO入試について

Q サマースクール型AOについて詳しく教えてください。
A 夏に実施するサマースクールを受講した後、課題を作成し提出します。課題は当日受けた授業に関する内容で、後日、出願可否通知とともに郵送にて返却します。出願許可された場合には、サマースクール型AO入試に出願することができます。
サマースクールを受講するには申込みが必要です。
Q スクール型AOについて詳しく教えてください。
A 講義を受講した後、課題を作成します。課題は、当日受講した講義に関する内容です。課題作成後、面接を行います。
面接による本学への入学意欲や勉学意欲、コミュニケーション能力の評価と、出願時に提出していただく書類や当日作成する課題により総合的に判定します。
Q 自己PR型AOでは、どのようなことをPRすればよいですか?
A 各種資格はもちろん、部活動、ボランティア、留学経験など高校生活における諸活動について、自分をアピールするものなら何でも構いません。出願時に提出する「自己PR書」と「自己PR資料」、そして面接でPRすることができます。「こんなことをPRしてもよいのかな?」と不安になる人もいるかもしれませんが、マイナス評価になることはありませんから積極的にPRしてください。
Q 面接はどのような形式ですか?
A 受験生1名に対して面接者2、3名で行います。
学部によって多少異なりますが、主に志望動機、入学後の抱負、自己PR書や自己PR資料の内容について質問します。

一般入試について

Q 調査書の内容は合否の判定に影響しますか?
A 合否に関わることはありません。出願資格の確認に使用します。
Q 複数の入試方式を受験することや学部の併願は可能ですか?
A 一定の条件のもと、同一学部を複数回受験したり、すべての学部を併願することが可能です。なお、センター方式1期・2期・3期と一般S方式・B方式・C方式ではそれぞれ5学部まですべて併願することができます。
Q センター試験による入試の合否判定方法を教えてください。
A 大学入試センター試験の得点で選考します。センター方式1期では、センター試験の3科目の合計得点で選考します。センター方式2期・3期・4期では、3科目のうち、得点の高かったベスト2科目の合計得点で選考します。本学独自の試験は課しません。
本学が指定した選択科目を2科目以上受験した場合には、高得点の科目の成績を採用しますが、地理歴史・公民・理科については、第1回答科目を判定の対象とします。外国語・国語の配点は、センター試験の配点を各100点に換算します。
Q 一般A方式の試験日自由選択制について教えてください。
A 2日間設定された試験日の中から、試験日や学部を選択できる制度です。出願時に選択し、あらかじめ受験登録した日程で受験することができます。同一学部を複数日受験することも、異なった学部を組み合わせて受験することも可能です。ただし、1日に受験登録できる学部は1学部です。
なお、どの日程で受験しても有利・不利はありません。同一学部を複数日受験した場合は、高得点の日の成績で合否判定するため、チャンスが広がります。
Q 一般S方式・A方式・B方式・C方式の解答方法と出願傾向について教えてください。
A どの科目も高校の教科書で扱われている基本的な事柄が出題の中心となります。従って、難解な問題集にあたる必要はなく、教科書範囲の基礎的な理解力をしっかり身につける学習が大切です。教科書やセンター試験に対応した問題をしっかりマスターしてください。
また、一般的に基本的な問題ほど合否の明暗を分けるものです。試験本番では、ケアレスミスをしないことも重要です。
「入試ガイド2018」に各科目のワンポイントアドバイスが記載されています。
Q 国語には古文・漢文も出題範囲として含まれますか?
A 一般S方式・A方式・B方式・C方式では、古文・漢文は出題しません。センター方式では、古文・漢文は試験範囲ではありません。大学入試センター試験の国語では古文・漢文が出題されますが、本学センター方式ではあらかじめ古文・漢文を除外して得点集計します。
Q 科目ごとの基準点はありますか?
A すべての学部とも、合否は総合得点で判定していますので、科目ごとの基準点はありません。
Q 過去問題集が欲しいのですが、入手方法を教えてください。
A 8月以降のオープンキャンパスで無料配布しています。または、全国有名書店および駿台予備学校の各校舎窓口で、駿台文庫(株)発行の「大学入試完全対策シリーズ」(通称「青本」)をお買い求めください。

その他

Q 学費納付の特例制度はありますか?
A 日本学生支援機構の大学進学のための奨学金予約採用決定者は、学費を月ごとに納付する月額納付制度を利用することができます。詳細は入試広報部にお問い合わせください。
Q 駿河台大学の入試について質問がある場合はどうすればよいですか?
A 入試広報部にお問い合わせください。朝9時から夕方5時まで(日曜・祝日および夏季・冬季の一部の日は休み)電話等で受け付けています。E-mailによる質問も可能です。オープンキャンパスでは個別相談コーナーを設けていますので、そちらへの参加をお勧めしますが、開催日以外でも入試広報部にお電話でご連絡の上、お気軽にお越しください。
入試広報部 TEL.042-972-1124 受験生なんでも相談メール

  • 駿河台大学 facebook
  • 駿河台大学 twitter
  • 駿河台大学 YouTube
  • 高校教員の方へ
  • デジタルパンフレット

PAGETOP