お知らせ

東京シニア自然大学の皆さんが里山管理を見学&体験しました

2016/12/19

 12月16日(金)、日本環境教育フォーラムが主催する「東京シニア自然大学」の学生とスタッフの23名が、本学が森林文化実習の一環として取り組む里山管理の様子を見学し、実際に体験しました。

 森林文化実習担当の教員の案内で、学内にある竹林で竹についてのレクチャーをうけたあと、ノコギリをもって各自、間伐しました。場所を移動したのち、大学の里山で間伐や自然資源についての説明と間伐材の有効活用の一例としてキノコのほだ木を見学しました。

 竹を間伐しただけではもったいない!ということで、午後からは竹でミニ門松づくり。飾りとなる材料は里山であつめました。寒波のためにかなり冷え込んでおりましたが、皆さん夢中でミニ門松を作成していました。

 環境保全に貢献し、オンリーワンのミニ門松を作成した満足感で、笑顔の学生さんたちでした。よいお年をお過ごしください!

20161219chiiki_01.jpg

20161219chiiki_02.jpg



TOP