遺贈による寄付制度

駿河台大学は、開学以来、多くの方々の援助により支えられ発展してまいりましたが、この度、教育・研究活動をさらに発展させるために、遺言により財産の一部を寄付しようという篤志をお持ちの方々の便宜を図れるよう、「遺贈による寄付制度」を設けました。

近年は、遺贈によるご寄付が社会貢献の一つになるということから、関心が高まっております。この制度にご関心のある方は、ご意向に沿った遺贈がなされるよう、駿河台大学と取引のある銀行を紹介するご支援をさせていただきますので、財務課までご連絡ください。

遺贈による寄付制度のしくみ

駿河台大学に寄付をお考えの方

相談、遺贈申入れ

駿河台大学財務課

駿河台大学と取引のある銀行を紹介いたします。
本学を経由せず、直接信託銀行等へご相談いただいても結構です。

取引先銀行

遺言書作成に関する相談

専門のスタッフがご相談をお受けします。

遺言書作成

原則として、公正証書で作成します。
遺言書の作成、保管、遺言執行には、所定の費用がかかります。

遺言書の保管

遺言書は銀行で保管します。
保管中は、遺言内容、財産、相続人等の変動について定期的にご本人に照会します。

遺言執行

ご逝去の通知があり次第、銀行が遺言を執行します。

駿河台大学への寄付

相続人への遺産配分

相続税の非課税措置

駿河台大学へ財産の遺贈があった場合は、原則として、その遺贈財産は非課税財産となります。

お問合せ

学校法人 駿河台大学 財務部財務課
〒357-8555 埼玉県飯能市阿須698
Tel:042-972-1191/Fax:042-972-1194
zaimu@surugadai.ac.jp



駿河台大学について

TOP