少人数制のゼミ

キャリア設計やコミュニケーション能力の向上を目指す

本学の特色である「少人数ゼミナール」の中で、各学部の専門分野の学びのほか、毎年学生が個々に将来の夢や卒業後の進路を考え、キャリア設計を意識しながら目標を設定! その目標実現のため、専任教員が個々の発達段階に応じた実践的な支援をしていきます。

少人数制のゼミナール

ゼミナールとは…?

学生と教員が討論を重ねて展開される授業です。課題について説明したり発表したりすることで、コミュニケーション能力・プレゼンテーション(発表)能力が培われます。また、さまざまな問題を自ら発見し、解決する能力も自然に身につきます。
教員とのふれあい、学生同士の交流が活発に行われるのも少人数(15名程度)でのゼミナールならではの特徴です。
このゼミナールで、大学での学び方や自分の興味のある学部の専門分野の知識をしっかり深めながら、社会で必要な基礎学力の指導と将来の目標に向けてのきめ細かい指導を行っていきます。

1年生ゼミナールの授業例(春学期)

第1回 ガイダンス
第2回 オリエンテーション・駿河台大学を知ろう!
第3回 大学でのノートのとり方
第4~6回 文章を読んで、まとめる
第7回 ビジネス・マナー講座
第8~10回 レポートの書き方
第11回 面談
第12~14回 プレゼンテーション(発表)の仕方
第15回 春学期のまとめ

ゼミナールの4年間

1年生

大学の学びへの「導入教育」と将来に向けての自分自身を探る

大学の授業にスムーズに入ってもらえるように入学直後の導入教育として文書技法を中心に指導していきます。具体的には、「ノートのとり方」「文章の読み方・要約の仕方」「レポートの書き方」「プレゼンテーション(発表)の仕方」などです。
また学生情報カードの記入により、学生個々の目標を設定させ、将来の目標にあわせた指導をしていきます。さらに自分の基礎学力を知るために、全員に基礎学力試験を受験してもらい、結果の返却・解説および基礎学力アップの指導も行っていきます。

2年生

専門ゼミナールへの準備と就職に必要な基礎学力アップの指導を行う

3年生からの専門ゼミナールを学ぶための自己表現力やプレゼンテーション能力、そして幅広い教養を身につけます。
また、1年生に引き続いて、就職に必要な基礎学力アップの指導も行っていきます。

3年生

専門分野に関する学習・研究の中で現代社会を探り、より具体的なキャリア設計を指導

専門分野に関する問題発見・解決能力、そして専門分野と社会との関係について議論することで、ディスカッション能力等の社会への応用能力を育てます。また、2年生で受験した基礎学力試験(SPI模試)の結果と、キャリア支援課で行う適職支援プログラム(R-CAP)の結果により、今後の具体的なキャリア設計指導を行っていきます。

4年生

4年間の学習・卒業研究の総仕上げと就職活動のフォローアップ

卒業論文指導を中心にして、3年生まで学んできた専門分野についてのさらなる問題発見・解決能力、論理性・構想力等を養いながら、学習・研究の総仕上げを行っていきます。
あわせて就職活動についても、ゼミナールの担当教員がキャリア教育・就職支援課と協働して、4年間のキャリア設計に基づいたうえでの就職の相談に応じるなどのフォローアップを行っていきます。



駿河台大学について

TOP