教育力の駿大

愛情教育の駿大

愛情教育とは、一人ひとりの学生を大事に丁寧に支援し自立を促す教育です。

愛情その1「導入教育」

大学での学びでは、自らの意志によって、積極的に学ぶという姿勢が非常に重要です。高校までの受動的な「学び」から、大学では能動的な「学び」へと意識を転換することが、大学生活を成功させるための第一条件となります。

そこで駿河台大学では、大学における新たな学びの意識づけとスキル習得を行い、学びの移行をスムーズにできるよう、導入教育に力を入れています。

  • 入学前プログラム…大学教育への助走
  • 学部科目…学びの見取り図を提供
  • 1年次・2年次ゼミ…大学での学びの基本とスキルを提供
  • 情報基礎教育…コンピュータ操作の基礎を提供

愛情その2「少人数ゼミナール」

駿河台大学では学生と教員との協働の中で成長を実感できるよう、少人数ゼミナール教育に力を入れていて、全学部全学年で必修にしています。

授業は教員による講義形式で高校までの授業と似たタイプですが、ゼミナールは少人数で研究発表をしたり、議論をしたりするという違いがあります。

ゼミナールとは、少人数の学生と教員が討論を重ねて展開される授業であり、社会に出てから必要なコミュニケーション能力・プレゼンテーション能力を身に着けることが目的です。また、それと同時に教員とふれあい、学生同士の交流が活発に行われることがゼミナールの大きな特徴です。

1年次では大学での学びの基本と基礎的なスキルを学びます。2年次では、学びを深め、学びのスキルを磨いていきます。3年次では、専門的な知識を確立し、理解を深めます。4年次では4年間の総まとめとして、卒業論文やゼミ論文を完成させます。※学部により異なることがあります。

このように段階を踏んでいくことで無理なく学びを深めることができるようになっています。

愛情その3「キャリア教育・サポート」

キャリアアドバイザー

希望どおりの進路を歩めるよう、学生一人ひとりに担当職員がつき全面的にサポートします。

キャリア教育

駿河台大学では、学生が自分の生涯のキャリアプランを考えるうえで欠かせないキャリアに関する知識、能力、意欲を育成することを主眼としたキャリア教育に力を入れています。1年次から、多彩なキャリア支援科目を開設し、就職支援に関する科目を授業に取り入れています。

1年次では、キャリア基礎やキャリア発展Ⅰなどの基礎的な知識や教養を身につけます。2年次では、キャリアデザインⅠやライフプランニングといった講義で働くことの動機付けを考えます。3年次では、キャリアデザインⅡやキャリア発展Ⅱ、キャリア実践などの講義の中で自己理解・企業団体理解を深めます。そして4年次になるころまでには3年次までに学んだことを習得し、心の成長と知的成長ができているはずです。

また、就職活動本番に向けては、経験豊かな講師陣による就職支援講座を開催しています。 また、キャリアカウンセラーやキャリアアドバイザーのきめ細やかな指導で、すべての学生が納得のいく進路を切り拓いていけるようサポートをしています。

愛情その4「アウトキャンパススタディ」

まちや自然の中のさまざまな活動に参加し、人々と触れ合うことによって社会性やコミュニケーション能力を高め、社会人基礎力を養います。そして地域企業での就業体験(インターンシップ)により、働くとはどういうことかを身につけます。
また、ボランティア、インターンシップ、まちおこしイベントなどの地域社会における生きた活動をすると、「まちづくり実践」(2単位)、「森林文化」(2単位)、「インターンシップI(就業体験型)」(4単位)、「インターンシップII(プロジェクト型)」(2単位)などの卒業に必要な単位が認められます。

「まちづくり実践」(2単位)

地元飯能市や入間市の活動や地域のイベントなど、まちづくりの活動に実際に参加。

主な活動例

祭りや行事への参加、入間川環境保全活動、小学校の行事や授業への参加など

「森林文化」(2単位)

飯能市の地域活性化活動への貢献と、本学の教育目標である「地域社会の中核を担う人材の育成」の実現に向けた総合的な取り組みです。森林作業実習を行いながら体を通して環境、森林、文化を学びます。

主な活動例

名栗地区内の「駿大の森」やキャンパス内の「駿大の里山」でキノコ栽培やチップづくり、樹木成長のための草刈りなど

インターンシップ

インターンシップとは、学生のみなさんが、実際の職場で働くという体験を通し、現実に根ざした職業観を身につけ、就職時の失敗を未然に防ぐことに効果があり、多くの大学で導入されているものです。

「インターンシップI(就業体験型)」(4単位)

まず春学期の事前授業から始まり、準備をして、夏休みに実習(約2週間)に臨み、終了後には報告会で、自らの体験をふりかえる。この過程全てを教育として行う。

主な実習先

地方公共団体、製造業、建築・不動産、通信・放送、旅行業、デパート、介護施設など

「インターンシップII(プロジェクト型)」(2単位)

「インターンシップI(就業体験型)」との違いは、地域の既存の活動に関与するのではなく、地域に貢献するプロジェクトを自主運営したり、情報を発信したり学生の感性を発揮して地域に様々な提案をします。

主な実習先

初心者のためのパソコン講座、入間市のラジオ局FMチャピーのオンエアなど

駿大社会人基礎力

能力その1<基礎的な力>

読解力、文章力、情報収集力

能力その2<考える力>

論理的・多面的思考力、情報処理能力、理解力、創造的発想力

能力その3<行動に移す力>

主体性、行動力・実行力

能力その4<協働する力>

常識力(一般常識・マナー)、プレゼンテーション能力・表現力、コミュニケーション能力、協調性

能力その5<総合的な力>

課題発見能力、計画力、問題解決能力



駿河台大学について

TOP